爽やかな緑

睡眠薬は効果で選ぼう

選択する手

病気を患うと適切な治療を行う必要があります。睡眠障害もしっかりと治療しなければ治ることはありません。軽度の症状であれば生活習慣を見直すことで改善される可能性も考えられますが、それでも眠れないという場合はルネスタなどの睡眠薬を服用し、確実に睡眠を取る方法を選択することが大切です。

睡眠薬は服用してから効果が現れるまでの時間、効果が継続する時間などに違いがあります。例えば寝つきが悪く眠りに落ちるまでに時間がかかる人には、作用時間(服用してから効果が消えるまでの時間)が短めの睡眠薬、中途覚醒や早朝覚醒などの症状には作用時間が長めのものが合っているでしょう。
年齢や体重などで処方される睡眠薬の量が変えられたりするので、安全性を重視するなら医師に相談することが最適です。

睡眠薬を通販で購入する人も増えています。安全性などは保障されていますが、用法や用量を守らずに服用した場合は副作用が強くなることもあるため、服用時のルールはしっかり確認しておきましょう。

併用出来ない医薬品などにも注意が必要です。睡眠障害以外で何かしらの病気を治療中だという人は、現在服用している薬と睡眠薬の併用が可能かどうかを調べなければいけません。
通販では併用不可の成分なども紹介されているので、参考にしてみましょう。また、それと合わせて用法や用量も押さえておくことが理想的です。

あらゆる睡眠薬には眠気を促す効果がありますが、一方で副作用が現れるケースも珍しくありません。ルネスタは病院で処方してもらえる睡眠薬としてメジャーな存在です。
しかし頭痛や眩暈などの副作用も報告されており、人によっては体質に合わない可能性があります。

ジェネリック医薬品であれば副作用は少なく、ルネスタが合わなかった人でも試してみる価値があるでしょう。睡眠薬はルネスタだけではないので、効果や相性を考慮した上で選択することが出来ます。