爽やかな緑

不眠の原因は人それぞれ

ストレスを抱える人形

睡眠に関する様々な症状をまとめて睡眠障害と言いますが、ほとんどの人は睡眠の質が低下している状態です。不規則な生活を送ることで昼夜逆転してしまう人も少なくないのですが、睡眠障害はストレスがきっかけで発症するケースもあり、その原因には個人差があります。

ライフスタイルも不眠症の程度に関係しているものですが、年齢によって患者数に違いがあることが分かっています。40代以降は特に不眠の症状を抱えている人が多く、年齢が上がるにつれて発症率は増加傾向にあるのです。

ルネスタなどの睡眠薬を服用することで眠りの質を高めることは可能です。
しかし睡眠薬というものはそれぞれ効果が異なっています。心療内科などの医療機関を受診する場合は症状に合わせた睡眠薬を処方してもらいましょう。もし通販でルネスタなどの医薬品を購入するのであれば、まず最初に自身の症状を分析してみることが大切です。

不眠にはいくつかのタイプがあります。代表的な4つの症状として挙げられるのは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害です。
入眠障害とは完全に眠るまでに時間を要するもので、寝つきの悪さが特徴的です。床に入っても数時間眠れないという人はこれに該当します。入眠障害は不眠症の中で特に多いのですが、それ以外の3つの症状を抱えている人も居て、中には複数の症状に悩まされているというケースもあります。

これらの症状の主な原因は疲労やストレスです。現代人は仕事によるストレスを抱えるリスクが高く、うつ病などを発症する人も増加傾向にあります。
また、主婦や高齢者といった層にもストレスが原因で不眠に陥る人が増えているため、睡眠障害は性別や年齢を問わずに発症リスクのある病気であることが明らかです。

症状を改善するには睡眠薬の服用だけではなく、根本的な原因を取り払うことも必要になります。